正しい対処法

時代の移り変わりとともに注意することも多くなってきたでしょう。昔から蜂はこわいもので危険な存在ではありましたが、人とともにある程度の距離を保って生活していたのです。ですから共存という部分ではいい関係だったのではないでしょうか。最近では自然の減少とともに人とハチの距離が短くなったように思えます。とくにキイロスズメバチは環境の変化への適応能力が高いので、人の生活圏での活動が多くなっています。人家の軒下に巣をつくる習性がありますので、ハチ駆除業者が対処することも多くなっています。また、注意しなければいけないのが、キイロスズメバチの都会への進出です。昔はいなかったのですが、食糧を求めて飛び回るようになったので、外での飲食は注意が必要になります。

何でもそうですが、知ることで攻撃をかわすことが出来る場合があります。野球でもサッカーでも相手のことを知ることから始めるのはそのためでしょう。身の回りの危険もそれを取り入れることが出来るでしょう。例えば、身近なキイロスズメバチの特性を知ることで、少しは危険から逃れることが出来るでしょう。キイロスズメバチは夏から秋にかけて一番危険な状態となっていますので、この時期は意識的に近づかないようにした方がいいでしょう。もし、家の周りに巣があれば、すぐにハチ駆除業者をよんで、駆除してもらうことがいいでしょう。業者であればすぐに駆除は終わります。さらに、その時点でまとめて、他の蜂の巣がないかを調査もしてもらえるので依頼するといいでしょう。屋根裏や床下は、業者でないとわからないので、お願いすることをおすすめします。