攻撃性の高い蜂

日本では、蜂の中で最も危険の分類に入るのがキイロスズメバチです。攻撃性が高く、刺激を与えなくても刺される危険性があります。これらの蜂は駆除業者によって駆除してもらうことが大切になります。

Read more

自治体のサービスも

ハチやその巣を安易に退治しようとすると反撃に合って命に危険に晒される可能性もあるため、専門家に任せるのが基本です。ハチの種類によっては自治体のサポートを受けることができ、駆除業者を紹介してもらうことも可能です。

Read more

正しい対処法

キイロスズメバチは人の生活を危険に及ぼす危険性があります。そのため、ハチ駆除業者を利用して対処することが大切になります。キイロスズメバチは、都会に進出することもあるので、正しい対処法を身に付けましょう。

Read more

何度か刺されると危険

家の庭でハチを見かけることがあります。スズメバチなどの場合、何度か刺されるとアナフィラキシーショックを起こす危険性があるので、見つけた時には、専門の業者に駆除を依頼することが必要です。

Read more

被害が増える

最近では、ハチやハチの巣を駆除する業者が増えています。その理由としてハチにより刺傷被害の件数が多くあるからです。特にキイロスズメバチによる被害が多くあるので、ハチを見かけた時には、駆除業者に依頼しましょう。

Read more

有効な対策をする

蜂の巣を退治するなら、自分で行なわずに専門に任せるようにしましょう。専門業者では、24時間で対応を行なっています。

危険な存在となる鳩を駆除するなら再発防止効果をもたらす、ベテラン駆除職人にお任せください!再発防止効果をもたらしますよ。

都会の建築物にも度々出没して、人々を悩ませる厄介な存在であるネズミ。住居であっても厄介なのに、清潔であることを求められている飲食店などに出没されたら、営業妨害です。そんなねずみが姿を見せているようなら、一刻も早くネズミ退治をしなければなりません。そこでここでは、ネズミ退治においてなじみ深い殺鼠剤で工夫したい事について少し見ていきたいと思います。 ネズミ退治に用いるグッズは数多く市販されているので、比較的手に入れやすいものです。昔からよく使われるのに、殺鼠剤というものがあります。殺鼠剤とは早い話が毒餌で、これを仕掛けておくことによってネズミに食べさせて退治します。この殺鼠剤の効果を上げるために工夫したいのが、その設置場所です。 殺鼠剤は毒餌式のトラップという性格上、餌場に置いておくことで効果が高まります。基本的には台所回りなど、餌になりうる食物が沢山あるところが餌場となっていることが多いので、特に重点的に仕掛けると効果的です。

ネズミによる人的被害は遥か昔から問題となっていました。古くは穀物などを食い荒らす経済面や農業的な被害が一般的でしたが、人間の生活が都市化するにしたがって伝染病を媒介するなど直接的な被害を被る場面も増えてきました。現在は衛生的な環境が増えたためこうした大きな被害は少なくなりましたが、個別の被害は今もって問題となっています。 昨今の日本において特に問題となっているネズミはクマネズミです。かつて下水設備の整っていなかった頃のネズミといえば、ドブネズミでしたが下水設備が整った今はあまりその姿を見かけなくなりました。それに比例するように増えたのがクマネズミです。雑食性で繁殖力も非常に高く、都市生活にも順応しています。 ネズミ退治をする上で最近になって問題となっていることに、殺鼠剤に対する耐性を持ったネズミ「スーパーラット」が増えているということがあります。特にクマネズミに多いとされるこうしたスーパーラットには、従来の殺鼠剤では効果を期待できない以上、最近ではさらに新しい毒を用いた殺鼠剤が使われるようになっています。

年間で3000件以上の実績があります。ネズミ駆除を任せるのであれば、経験が多い場所に依頼するようにしましょう。

庭や屋根裏に潜む害獣は害獣駆除の專門業者にお任せしましょう。低価格でお任せする事ができるので安心ですね。